久保建英のプレーに世界が驚愕

マジョルカ 久保建英

 

 

12月7日のマジョルカvsバルセロナ。

 

久保建英はアウェイのバルセロナ戦にフル出場、2-5で敗れはしたものの2ゴールの起点になりアピールした。

 

なかでも世界を驚かせたのが、世界のメッシを相手にしたシーン。

バロンドール6度受賞の世界的ドリブラー、メッシに対し一歩も引かぬだけでなく、なんと又抜きを披露。

これには海外メディアも黙ってはいなかった。

 

 

 

かつてメッシの華麗なプレーになめられたプレーヤーはたくさんいたが、メッシをなめるプレーを見せた選手はなかなかいない。

しかも日本から来た18歳の少年だからその驚きは半端じゃない。

 

 

 

もちろん久保建英はただの日本人サッカー選手じゃないのは誰もが知るところ。小学生のうちからバルセロナの下部組織でトレーニングを積み、海外生活も長いので、いわゆる日本人のイメージで考えることはできない。

少年とはいえ海外の厳しい世界で生きてきたので、トレーニングの内容や経験はもちろん考え方やメンタリティも日本人離れしている。

18歳とは思えない大人びた態度には何度も驚かされた。

 

マジョルカ 久保建英

[写真]=PIKO
nikkansports

まだまだ久保建英には驚かされそうだ。

日本代表ではイマイチ結果が出せていないが、少しでも早く周りのプレーに馴染んで東京オリンピックでは今回のようなビッグプレーを見せて勝利に貢献してほしいね。

 

余談だが、いまの若いスポーツ選手はテニスの錦織圭しかりバスケットボールの八村塁しかり、海外の先進のトレーニングを受けている。

選手ばかりじゃなく指導者も積極的にどんどん世界に出ていって、日本に最新のトレーニングノウハウを持ち帰ってもらい、日本の協議レベルをどんどん上げていってほしい。

 

 

【動画】久保建英の初ゴールに世界も驚嘆

久保建英の初ゴール

 

 

 

ここまで長かったと思うのはボクだけだろうか?

 

 

FC東京で絶好調の中、シーズン中にスペイン移籍を果たした久保建英

 

当然

スペイン移籍後初ゴールや日本代表初ゴールはすぐにでも飛び出すものと思っていたんだが、なかなかこの瞬間は訪れなかった。

 

アシストは記録するものの、やっぱり世界はゴールをずっと待っていた。

 

 

 

久保建英スペイン初ゴールが生まれたのは11月10日、

ホームのビジャレアル戦で2―1の後半8分。

 

 

パスを受けた瞬間に左に切り返し、豪快な左足ミドルでゴールネットを揺らした。

18歳5カ月6日でのゴールは欧州4大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア)における日本人最年少記録

 

地元各紙は電子版で大きく取り上げ、

 

「久保のゴラッソだ!FIFA(テレビゲーム)の試合ではない」 (マルカ紙)

「なんというミサイルだ!」 (アス紙)

「とんでもない豪快なシュート」 (ムンド・デポルティボ紙)

 

とそれぞれスーパーゴールを絶賛した。

 

FC東京で同僚だった林GKによると、久保建英のシュートは

 

「振りが速く、インパクトが強い。ステップを踏みにくいし、止めづらい」

 

「ファーにスピードが落ちないまま曲がるボールを蹴れるから、早めに動かないといけない。でも、少しでも動いてニアが空くと、ファーに蹴る体勢から近場を打ち抜かれる」

 

らしい。

 

この日は、ほかにも久保建英は全ゴールに絡む大活躍。

チームにもなじんで、いよいよ本領発揮の時期が来たかもしれない。

 

 

 

日本代表新ユニフォームは世界でも絶賛

日本代表新ユニフォーム

 

 

日本代表の新ユニフォームが発表された。

 

 

正式発表前に情報が洩れてしまい、アディダスがあわてて否定するなどちょっとすったもんだしたけれども、ふたを開けてみれば漏れてしまった情報通りのデザインだった。

 

 

ボクは素直に「かっこいいんじゃないか」と思ったね。

 

 


発表記者会見でも最初の15分引っ張った割には、予想通りのデザインだったのでイマイチ盛り上がりに欠けた部分はあったけれども、

 

 

代表選手たちからは「かっこいい」「攻めたね!」といった好意的な意見が多かった。

背中のタグには「日本晴れ」という文字が入り、「日本晴れ」を逆さに見るとなんと・・・・

「侍魂」とも読めるという、遊びも取り入れている。

 

 

コンセプトムービーも解禁。

 

 

 

海外メディアでも、

スペインメディア『エル・エスパニョール』は「画期的なスタイル。ダークブルー、ネイビー、ライトブルー、ホワイトのミリタリーカラーの混合色だ」とコメント。

ポルトガルメディア『besoccer』は「非常に独創的」

英メディア『ワンフットボール』は「言葉が見つからない。一つだけ言葉にするなら、ワオ!」

と伝えている。
一部報道では迷彩柄にも見えることから批判的な記事も見られるが、なんでも悪くとらえるアホどもは無視して、「明るい日本晴れ」を楽しめるようサッカーを盛り上げていこう!

 

 

 

1 2 3 53
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ