【動画】アシュリー・コール引退 アーセナル無敗優勝DFはどれだけすごかったのか?

 

“アーセナルの無敗優勝メンバー”アシュリー・コールが現役引退へ

20年間のキャリアに終止符…

 

元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)が現役引退を表明した。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

アーセナルでプロ生活をスタートさせたA・コールは、クリスタル・パレスへの期限付き移籍を経て、2003-04シーズンに無敗優勝に貢献。2006年8月にはチェルシーに移籍し、2011-12シーズンにチャンピオンズリーグ制覇を果たした。その後、ローマやLAギャラクシーでプレーし、昨季限りでダービー・カウンティを退団していた。

また、2001年3月にデビューを果たしたイングランド代表では、2002年日韓大会からワールドカップ3大会に出場。通算でイングランド史上6番目となる107試合に出場し、2014年5月にイングランド代表を引退した。

20年間のキャリアに終止符を打つことを決断したA・コールは「慎重に検討した結果、ブーツを脱ぐことを決めた。指導者が次の私のキャリアだ」と今後についても語っている。

 

powerd by ゲキサカ

 

 

アシュリー・コール引退を記念して

彼がどれだけすごい選手だったのか、動画で振り返ってみよう。

 

 

 

引退後は指導者になるというから楽しみだ。

優勝を知っている指導者は強いからね。

 

元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)が18日、現役引退を発表した。今後は指導者としての道に進む。

これまでアーセナルやチェルシーなどで活躍してきたA・コールは、今年1月からダービー・カウンティでプレーしていた。A・コールは、イギリス『スカイスポーツ』の番組内で、「難しい決断になるが、引退する時だ。次の章に進むことを見据える。それはきっと指導者への道だ」と話し、引退を正式に発表した。

「幼いころ、私はプロの選手として1試合でもプレーできるとは思っていなかった。振り返ってみると、ワールドカップに出場し、チャンピオンズリーグでは決勝でプレーした。幸運なことにプレミアリーグのタイトルも手にした。それは少年たちの夢でもある」

 

powerd by GOAL

 

 


 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ