【動画】サウジアラビアに負けた日本代表

 

睡眠時間を削ってまで応援した

ロシアワールドカップ最終予選の最終戦

日本代表vsサウジアラビア代表。

 

たいていは最終戦というのは同時キックオフというのが

常識だが、

 

なぜかこの試合に限っては

2位を争うオーストラリアとタイの試合が

日本戦の7時間も前に行われるという状況。

 

しかも、タイに楽勝と思われたオーストラリアが

2-1と辛勝に終わったから大変だ。

 

 

 

この時点で3位のサウジアラビアは勝たなければ

第3代表決定戦、プレーオフにまわるという状況になり

いやでも必死にならざるを得ない。

 

しかもホームで6万人の応援がある。

 

 

ものすごく異様な状況でゲームは行われた。

 

もう「君が代」の段階からブーイング。

6万人のブーイングもすごい。

 

 

日本はよく戦ったが

ほんの一瞬のスキを突かれて

たったの1点で負けてしまった。

 

つくづくオーストラリアに勝っておいて

よかったと思ったね。

 

 

本田と岡崎が先発に復帰したものの、いいところなし。

 

岡崎はゴールを脅かすも点には繋がらず、

本田に至っては45分のみの出場で

ディフェンスに走り回ってばかりだった。

 

 

酷暑の中の試合だったので

みんなきつかったと思う。

 

原口と井手口、浅野はあの熱い中で

よく走り回った。

 

[写真]=FootballChannel

 

 

極東の国の運命だが、

ロシアワールドカップにおいても

きっと移動距離が長く、コンディションづくりが大変だろう。

 

 

本田や香川あたりはベンチでチームの精神的支柱として

若手を支える立場になるのかもしれない。

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ