【動画】原口元気2017活躍シーンとプレミアリーグ移籍問題

[写真]=Genki Haragushi Twitter

 

 

 

ワールドカップ最終予選での活躍を見るとおり

原口元気は現在とてもコンディションがいい。

 

 

 

無尽蔵ともいえる走り続ける体力。

当たり負けしない体格。

ボール奪取の能力。

ドリブル突破力。

シュート力。

 

 

まさに今上り調子の選手の代表格と言えるだろう。

 

 

来年のワールドカップ本戦では

ぜひとも必要な選手だと言える。

 

 

 

そんな原口を評価するのがヘルタベルリンだ。

 

 

 

 

ドイツブンデスリーガ・ヘルタベルリンで活躍する

原口元気はヘルタとの契約を2018年まで残しており、

クラブ側は2021年までの契約延長を打診している。

 

 

ところが、

原口本人はプレミアリーグへの移籍を

希望していることから交渉は難航しているらしい。

 

 

現在18年までの契約を結んでいる原口に、

ヘルタは21年までの契約延長を

昨秋ごろからオファー。

 

 

だが、原口はイングランド行きを希望しており、

ヘルタのオファーに対し、まだサインしていない。

 

 

 

このため、ここ2試合では

原口はスタメンで出場していない。

 

 

来季いるかいないかわからない選手を

スタメンから外すのはよくあることだ。

 

[写真]=Sports navi

 

 

また、ヘルタは原口に、

移籍か契約延長かを決断するために

10日の猶予を与えたという。

 

原口は10日以内に

契約延長オファーを受け入れるかどうかを

決断しなければならない。

 

 

もしサインしなかった場合は

契約延長オファーが取り下げられるという。

 

 

 

今は2018年のロシア・ワールドカップを控えている

一番大事な時期だ。

この時期に移籍してレギュラーをつかめず、

結局パフォーマンスを落としてしまった選手は

たくさんいる。

 

 

レギュラー選手としてプレーできる環境があれば、

日本代表のハリルホジッチ監督によって

18年ワールドカップメンバーには確実に入るだろう。

 

 

だが、今後ヘルタで、あるいは移籍先で

ベンチ生活となる場合は、

ワールドカップメンバー入りも怪しくなってしまう。

 

 

契約を延長し、プレーに集中するのか、

移籍先でゼロからスタートを切るのか、

決断を迫られている。

 

原口にとっては重要な決断となる。

 


 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ