【引退】トッティの栄光と挫折

 

 

トッティがついに引退するとのニュースが入った。

 

トッティとはトッティキャンディファクトリーでも

おそ松さんのトッティでもない。(笑)

 

 

元イタリア代表(アズーリ)で

イタリア・ASローマ所属のフランチェスコ・トッティ

ついに引退だ。

 

 

 

 

トッティはASローマのキャプテンでありながら、

最多得点記録保持者であり、

最多出場記録保持者でもある。

 

[写真]=soccorking

 

リーグ(セリエA)でも歴代得点2位、出場数3位。

 

日本でいえばキングカズ(三浦知良)みたいな

存在だが、トッティはサッカー王国イタリア代表で

2006年ワールドカップでは優勝を経験している。

 

 

トップチームデビューは16歳だから、

久保建英と同じぐらい若い。

 

翌年にはリーグ初ゴールを決め、

早くもレギュラーの座を獲得、

イケメンでもあったので「王子さま」と呼ばれた。

 

[写真]=soccerdigestweb

 

 

 

全盛期の中田英寿とも

チームメイトだったことがある。

 

 

2002年日韓ワールドカップでは

今でも語り継がれるほどの絶頂期のメンバーが揃っていながら

 

 

 

あの有名な

イタリア対韓国戦でジャッジに泣かされて

苦渋の結果に終わったが、

 

 

2006年ドイツ大会では優勝を経験した。

 

あのころのイタリアサッカーは

トッティはもちろん、ロベルト・バッジョやアレッサンドロ・デルピエロなど

いわゆる「ファンタジスタ」が活躍できる時代だった。

 

 

「ファンタジスタ」っていうのはイタリア語で

すごいFWを賛辞する言葉だ。

 

通常は「規格外(並外れて優秀な)」という意味の

フオリクラッセ(Fuoriclasse)という言葉を使うが、

 

特にシュートやパス、ドリブル等において、

閃きや創造性のあるプレーで観客を魅了する

スーパースター級の選手に対しては

「ファンタジスタ」って呼ぶ伝統があるんだな。

 

 

そのぐらい創造性とアイデアに恵まれた

スーパーな選手だったんだ。

 

 

また1人、伝説のスーパープレイヤーが

ユニフォームを脱いだな。

 

 

 

奥様のイラリー・ブラージ

[写真]=wikipedia

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
人気の投稿とページ
メタ情報

ページの先頭へ