なでしこ オーストラリアを下しアジア連覇達成

 

なでしこ高倉ジャパンが
オーストラリアを下して
AFCアジアチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げた!

 

 

オーストラリアがフィジカルを生かした
縦に早いサッカーで日本ゴールを脅かす中、

 

前半にCBの熊谷紗希が思わぬハンドで
PKを献上してしまったシーンには肝を冷やしたが、

 

キーパーの山下杏也加のビッグセーブで
失点を防いだのは大きかった。

 

 

 

 

その後もGK山下の運動能力の高さには
何度も助けられた。

 

 

そして相手が疲れるまでガマン、ガマンの展開だったが、
ロングボールを絶妙のトラップでキープした
長谷川唯がこれまた絶妙のパス。

 

ドイツフランクフルトで10番を背負う横山久美が
これまた絶妙のターンとフェイントの後
豪快なシュートをゴール右上に決めてこれが決勝点。

 

 

1-0で激闘を制した。

 

 

FWの岩渕真奈も得点こそなかったものの
何度もドリブルで切れ込むシーンが見られたし、
菅澤優衣香も体を張ったプレーを見せた。

 

 

ボランチの阪口夢穂も絶妙なパスを何度も出した。

この大会の最初の方は「なでしこ、弱くなったな~。」
と思いながら試合を見ていたが、

 

グループリーグのオーストラリア戦ぐらいから
宇津木瑠美のアンカー的プレーが効いてきたのか
安定して強くなった気がした。

 

 

決勝のあのオーストラリアの猛攻をチームで防ぎ切った
試合展開は素晴らしかった。

 

 

これならば、出場を決めたワールドカップ本選でも
強豪相手にいい試合ができるんじゃないかな。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
メタ情報

ページの先頭へ