インテル長友に復活の兆しはあるか

 

 

 

5月7日にインテル長友はジェノア戦に先発出場したが

一部のイタリアメディアからは厳しい評価をもらってしまった。

 

 

長友は、前節のナポリ戦でも

決勝点につながるミスを犯して酷評されたいたが、

DFクリスティアン・アンサルディがケガで離脱中のため、

この試合でも先発起用された。

 

長友にとって4試合連続の先発出場となったが、

チームは0-1と敗れて3連敗。

なお、長友は82分に途中交代している。

 

 

ちなみにインテル、インテルとみんな言うが、

正式チーム名はなんだか答えられるだろうか。

 

 

インテルの正式名称は、インテルナツィオナーレ・ミラノ

 

この機会に覚えておこう。

 

 

インテル長友はご存知のとおり、

女優の平愛梨と結婚し、今月24日には

都内で披露宴を催す予定。

 

 

たまたまだろうが、

長友が先発落ちが続いているこの時期と

結婚の時期が重なったため、

 

イタリアにまだ馴染めない妻の平愛梨を気遣う事が

多くてサッカーに集中できていないのではないか

と邪推されてしまっている。

 

 

 

実際はインテルそのものが不振なため

いろいろと批判されやすい状況にはあるわけで、

このジェノア戦でも長友はそれほど悪い評価を

もらってはいない。

 

 

 

チームがゴタゴタしているのが成績不振の

最大の問題だろう。

 

 

 

インテルミラノでは

開幕前に中国資本に約70%の株を売却。

 

 

8月にロベルト・マンチーニ監督が退任し、

シーズン開幕からオランダ人監督のフランク・デ・ブールが就任。

ところが成績不振を理由にわずか2ヶ月で解任。

 

 

後任としてステファノ・ピオリが着任し、

昨年11月以降、一時的に成績は上向き、

チャンピオンズリーグ出場権の獲得も

視野に入れていたこともあるのだが。。。。。

 

[写真]=soccor-king

 

 

 

 

その後3月12日のアタランタ戦に

7-1の大勝を最後に勝ち星から見放され、

順位表でも7位と後退していた。

 

 

そしてついにビオリ監督も解任。

 

 

 

オーナーが中国企業なために

長友も中国リーグ移籍などと噂される事もあるが、

さすがに中国は無いだろう。

 

 

早くチームが落ち着いて

長友が先発復帰できるようになれば

試合勘も取り戻して活躍できるようになるんじゃないかな。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ