ウィトレ  ゲームは考えるサッカーを身につける

 

 

これは日本代表香川真司なども

テレビで話していた事なんだが、

 

サッカー上達のために

テレビゲームが有効らしい。

 

 

これまでは、ゲームばかりしていると

運動もしない勉強もしない、目が悪くなる

などマイナス面ばかりが注目されがちだった。

 

 

 

半ば常識として語られてきたことだ。

 

だけど今は少し違うようだ。

 

 

ゲームは、自分が実現できないプレーでも

ゲーム内の一流選手達が実現してくれる。

 

最近のサッカーゲームは

海外の一流選手のプレースタイルを

かなりの正確さで再現しているケースが多い。

 

[写真]=ウイニングイレブン公式サイト

 

 

だから、ゲーム内のキャラクターのプレーを見るだけでも

一流のプレーに触れることができる。

 

また、特にいいのは

やや斜め上からのアングルでフィールドの広い部分を

観ながらプレーできることだ。

 

 

いわゆる「鳥の眼」といわれる

上空から俯瞰した映像でプレーすることで

ゲームの流れがよくわかるため、

 

プレーヤーのコース取りやパスコースの選択などを

自然に学ぶことができる。

実際のプレーでは

1つ1つのプレーの出来に囚われたり、

周りが見えない、視野の狭い状態でプレーしたりせねばならず、

これではなかなか客観的にサッカーを見られないので

上達もしづらい。

 

 

ゲームであれば

プレーの出来は一流選手が保証してくれるし、

フィールドを広く見ながらプレーできるので

サッカーという「ゲーム」そのものに集中する事ができる。

 

考えるサッカーができるわけだ。

 

これを「ウイトレ」といって、

少年サッカーのトレーニングとして本気で取り入れている

ケースもある。

 

この点は香川真司たちプロの選手も言っていることなので、

上手くなりたいならサッカーゲームに夢中になってみるのも悪くない。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ