エジル、爆買いの相手せず中国オファーを蹴る

 

イングランド、プレミアリーグ

アーセナルに所属するメスト・エジル

昨年の夏、中国から破格のオファーが届いていた。

 

その額、5年で1億ポンド(135億円)

 

 

思わず目がくらみそうな金額だが、

エジルは3分で断ったそうだ。

 

アーセナルでタイトルを獲りたいという

熱い思いからだ。

 

 

 

 

そもそもエジルの年収は1850万ドル(約18億9000万円)もあるから、

これ以上お金はいらないんだろうけど。

 

エジルのアーセナルとの契約は2018年夏まで。

 

 

エジルはトルコ移民の3世でドイツ代表MF。

2009年からA代表で21得点。

 

幼少期はシャルケに所属。

ブレーメン、バイエルンと渡り歩き、2013年からアーセナル所属。

 

2010年の南アフリカワールドカップで注目を集めた。

 

 

 

ゴリゴリのパワーサッカーのイメージが強いドイツだったが、

エジルは華麗なパスとフットワークでドイツサッカーのイメージを

大きく変えたのを覚えている。

 

ドイツは

レーヴ監督になってからサッカーが変わったね。

 

 

その象徴的な選手がこのメスト・エジルだ。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ