オランダ予選敗退か?!

 

 

オランダが予選敗退のピンチだ。

 

ロシアワールドカップ、ヨーロッパ最終予選。

 

オランダがブルガリアに 0-2 で負けて

グループ4位に転落してしまった。

 

オランダが戦うのは

ヨーロッパ最終予選でも死の組みともいえる

グループAだ。

 

 

グループAは

フランス、スウェーデン、ブルガリア、オランダ、

ベラルーシ、ルクセンブルグの6チーム。

 

 

フランス、スウェーデン、ブルガリア、オランダについては

ワールドカップの常連といっていい。

 

 

この中から1位のみが本戦出場を獲得し、

2位がプレーオフに回ることになる。

 

他のグループに比べると明らかに激戦区といっていい。

 

アジア最終予選の上位2チーム進出

3位プレーオフとは大違いだ。

 

 

 

オランダは

アリエン・ロッベン(バイエルン・ミュンヘン)をはじめ、

ステファン・デ・フライ(ラツィオ)

ウェスレイ・スナイデル(ガラタサライ)など、

 

ヨーロッパのビッグチームで活躍中の選手が多数いるだけに

この順位は予想外の事件だ。

 

 

6チーム総当たりで全部で10戦あるので

まだまだ折り返し点とはいうものの、

この時点で2勝しかしていないというのは

かなり状況は厳しいと言わざるを得ない。

 

 

やはり、ロッベン、スナイデルなど選手の高齢化と

若手の台頭がないことが大きいかもしれない。

 

 

我らが日本代表も同じ轍を踏まないよう

積極的に実力のある若手を起用して鍛えていくべきだろうね。

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ