ドルト、テロの標的に?!香川は無事

 

 

香川真司(ドルトムント)が乗ったバスが爆発に巻き込まれた?!

 

4月11日、ホームでのチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦

モナコ戦に向かうチームバスが爆発に巻き込まれた。

 

このため、当日のゲームは急きょ中止になった。

 

ドルトムントのチームバスがホテルからスタジアムへ向かって走行中、

ヘーヒシュテンエリア付近で3度の爆発があり、

ガラスの一部ないし大部分が破損したという。

 

 

 

 

 

この爆発によりDFマルク・バルトラが負傷し、

病院に運ばれたとのこと。

 

何らかの爆発物が投げ込まれたという情報もあるという。

香川真司は無事だった。

 

 

 

 

 

 


この事件で延期となった試合は、翌日の開催が決まった。

 

現地の警察は爆発物が通りに仕掛けられたものと考えており、

ドルトムントのバスを狙ったものかどうかを調べているという。

 

 


※ 追記

 

爆発による窓ガラス破損で負傷し、病院に搬送されていた

スペイン代表DFマルク・バルトラは、最初は軽傷だとの

情報だった。

 

しかし診断の結果、右手首を骨折し、

さらに右手には破片が入り込んでいるため、

緊急手術を強いられたとのこと。

 

また、この爆発は

まさにドルトムントのバスを狙ったものだったという

犯行声明の手紙が付近で見つかったそう。

 

 

 

他の選手ももちろんだろうが、

特に日本人である香川真司は銃や爆弾とは

これまで全く縁がなかったので、

さぞや恐ろしい思いをしたに違いない。

 

パフォーマンスに影響が心配される。

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
メタ情報

ページの先頭へ