ドログバ、世界初 MLS選手 兼 オーナーになる?

 

 

コートジボワール代表ディディエ・ドログバが、

アメリカの3部リーグに所属するフェニックス・ライジング

と契約した。

 

ドログバはイングランドのチェルシー

チャンピオンズリーグや4度プレミアリーグ優勝

2度の得点王を経験したスーパースターだ。

 

これまでマルセイユやチェルシー、ガラタサライなどでプレイした。

 

そんな彼がなぜ、アメリカの3部リーグなんかに?

 

 

 

 

ドログバは昨季までアメリカMLSのモントリオール・インパクトに所属。

在籍中はリーグ戦33試合に出場し、21ゴールを挙げる大活躍だった。

 

 

今年は契約切れで退団し、

アメリカ3部リーグで現役を続行することになったわけだ。

 

 

もう選手としては商品価値がないかというととんでもない。

いっときはブラジル1部のコリンチャンスなどのクラブへの移籍が噂されたが、

週給12万ドル(約1300万円)のオファーを断っていた。

 

[写真]=wikipedia

 

 

ドログバは将来、フェニックス・ライジングでクラブ幹部に就任する予定。

さらにはクラブの共同オーナーを目指すことになるらしい。

 

 

ドログバは39歳。 中村俊輔の1歳年上だ。

 

本田圭佑がACミランをやりながらオーストリア3部のSV ホルンの

実質オーナーになったが、これは別チーム。

 

 

ドログバが現役選手と共同オーナーを兼任することになれば

自分の所有するチームで現役プレーをする初のケースとなる。

 

 

ドログバは、コートジボワール・アビジャン出身のサッカー選手。

 

 

 

 

 

身長 189cm   体重 91kg。

 

野性的な風貌に似合わず、裕福な家庭で育ったインテリ。

幼いころにフランスにわたったため、フランス代表になるチャンスもあったが、

生まれ故郷のコートジボワール代表を選んだ。

 

ポジションはフォワード。愛称はティトTito)。

 

 

ドログバのプレーは動画を見てもらえばその凄さがわかる。

 

手足の長い長身にもかかわらず、しなやかで素早く、強靭な肉体。

 

キックは信じられないほど正確で、しかもものすごく曲がる。

 

全盛期の彼は、まさにスーパープレイヤーだ。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ