ハリルホジッチ前監督来日

 

 

ハリルホジッチ前監督がついに来日した。

 

 

空港で通訳と共にメディアインタビューに応じたが、
やはり突然の解任の理由が理解できずに
納得がいかない様子。

 

解任騒動を

 

「私をゴミ箱に捨てた」

 

と表現し、悔しさをにじませており

 

それを日本語に訳す通訳の樋渡群氏も

思わず涙をこらえるという状況だったようだ。

 

 

 

 

あちらこちらで言われている通り、
今回の海外遠征についてはハリル氏自身はあくまでも
テストマッチのつもりであり、メンバーを絞るためのゲームで
勝ち負けは重視していなかった。

 

 

 

 

それは当然勝つつもりではあっただろうが。

 

 

あの遠征で負けたらクビって言われていなかった以上
本人にとっては青天の霹靂でしかなかったろう。

 

 

ところが、協会側はそうは思っていなかった。

 

 

チーム内のギクシャクが長く続いており、
堪忍袋の緒が切れたという感じだったようだ。

 

 


サッカー日本代表 ハリル監督解任について 元代表の永島昭浩と福田正博が語る

 

 

だったらもっと早くそういうことをハリル氏に
伝えるのが協会の役割、技術委員長の役割だったはずなのだが
結局こういうことになってしまった。

 

はたして協会はハリル氏にどう説明するつもりなんだろうか。

 

 

ハリル氏は記者会見までして
どう落としどころを見つけるつもりなんだろうか。

 

 

これは相当の違約金を要求されそうな
予感がする。

 

 

しかし「覆水盆に返らず」。

 

 

ひっくり返ったお盆の水は元には戻らない。

 

 

西野ジャパンになってしまった以上、
チームは前に進むしかない。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
メタ情報

ページの先頭へ