ブンデスリーガの順位は?全日程終了で日本人選手の所属するチームはどうだったか

 

2016-17シーズンのブンデスリーガ全日程が終了した。

 

 

MF香川真司ドルトムントは自力で

チャンピオンズリーグ本戦出場権を獲得したい試合を

激しい打ち合いの結果勝利して3位以内を確定。

 

チャンピオンズリーグ本戦出場が決まった。

 

 

この他の日本人選手が所属するチームはどうだっただろうか?

 

 

 

 

 

FW大迫勇也ケルンは最終節に

大迫の1アシスト1ゴールの大活躍で5位。

25年ぶりにヨーロッパリーグ(EL)本戦出場権を手にした。

 

 

 

大迫自身、シーズン途中の日本代表戦で負傷し

その後のプレーが心配されたけど、終わってみれば

シーズン7得点と日本人最多得点、

6アシストは香川と並んでこちらも日本人最多をマークしたね。

 

 

 

また、MF原口元気ヘルタ・ベルリン

6位でヨーロッパリーグ(EL)本戦出場権をゲット。

こちらも8年ぶりのヨーロッパリーグ(EL)本戦出場だ。

 

[写真]=Getty Images

 

最終戦原口の出場はなかったが、

目標達成で満足の様子。

 

 

多くの日本人選手がより大舞台で戦う姿が見られるのは

また楽しみが増えたなー。

 

 

 

FW宇佐美貴史アウクスブルクは13位、

 

 

DF酒井高徳ハンブルガーSV

最終節でヴォルフスブルクとの直接対決を制し、

14位に浮上し、逆転で残留を果たした。

 

[写真]=wikipedia

 

シーズン途中でキャプテンに任命された酒井は、

累積警告で1試合を欠場しただけで最多33試合に出場。

先発出場でも29試合でトップ。

 

キャプテンの重責も果たし、ホッとしたことだろうな。

 

 

 

FW武藤嘉紀マインツはケルンに敗れ、

16位に転落したヴォルフスブルクと勝ち点で並んだが、

得失点差で上回り15位。

[写真]=Pictas

 

 

日本人選手が所属する全クラブが

1部残留を決めた。

 

また来年が楽しみだ。

 

 

シャルケのDF内田篤人は右ひざの負傷が長引き、

ブンデスリーガでは2シーズン連続で出場がなかった。

 

だけど12月のELザルツブルク戦で

1年9カ月ぶりに復帰を果たした。

 

 

[写真]=まとめまとめ

 

 

私生活でも結婚し、娘も生まれたことだから

これからいろんな意味でよくなっていくことだろう。

 

 

 

次は2017-2018シーズンが夏から始まる。

 

そしていよいよ

2018年はロシアワールドカップも開催される。

 

 

ぜひ全選手がよいコンディションで次のシーズンを

迎えることを期待したい。

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ