ミズノ ウエーブイグニタス 3 MD 15AW を着用する選手は

 

ミズノのサッカーシューズ

ウエーブイグニタス 3 MD  15AW

 

本田圭祐、阿部勇樹、加地亮、吉田麻也など

プロ選手でも多くの選手が使用のテイクダウンモデルだ。

 

 

2015年年末に発売され、

現在お手頃価格になっている。

 

中央部に凸凹をつけることで、

スタッドによる突き上げ感を緩和する構造。

 

 

 

 

 

本田のキックを分析し

縦回転を生みだすコントロールパネルを搭載。

パネルなしスパイクよりもグリップ性能がアップしている。

 

 

プロ選手のあらゆるプレーのデータを収集、解析し

それを基にデザインを作成している

データシャーワーアッパーデザインコンセプト採用。

 

 

足のラインに沿ったラウンド形状が、

着地時のブレやねじれを防ぎ、踵の安定性を高める。

 

 

縦回転と無回転キックという相反する2つのキックを

蹴りやすくしたことが最大の特徴。

 

 

最適な位置に回転のかかりにくい素材を使った

パネルを配置することで無回転キックを蹴りやすくなっている。

 

 

一方で回転のかかりやすい素材を使ったパネルを、

スピンキックを蹴りやすい位置に配置し、

1足で異なる2種類のキックを蹴り分けることのが可能に。

 

 

 

ミズノ

ウエーブイグニタス 3 MD  15AW

 

・アッパー:人工皮革(スーパーマイクロファイバー)、合成樹脂
・質量:約230g(27.0センチ 片足)
・ミズノウエーブ
・データシャワーアッパーデザインコンセプト
・スーパーマイクロファイバー人工皮革
・データシャワーソールデザインコンセプト
・DFC(カウンター兼アウトソール)
・アナトミカルラスト(プロフェッショナルフィット)
・バイオコントロールパネル
・カップインソール(突き上げ緩和タイプ)

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
メタ情報

ページの先頭へ