ワールドカップアジア最終予選 日本の順位は?

 

ワールドカップアジア最終予選

日本は3月23日にUAEとアウェイで対決する。

 

絶対に負けられない一戦と誰もが言うが、

本当に絶対に負けられない戦いなのか

 

ここまでの戦いを振り返りながら見てみよう。

 

 

 

 

 ”JFA公式サイトより引用”

 

 

グループBで日本代表は現在2位。

5試合を終わって上位4チームが勝ち点1の中に

ひしめいている状況だ。

 

この状況ではこの4強のうち

上位2位がワールドカップ出場権を獲得する。

 

 

3位はグループA3位とのプレーオフで勝てば

出場権獲得。

 

フランス大会時に日本代表が初出場を果たした時が

このプレーオフでの勝利だった。

かの有名な「ジョホールバルの奇跡」といわれた一戦だ。

 

 

できることならば上位2チームに入って

スッキリとワールドカップを迎えたい。

 

 

 

とりあえず前半戦が終了し、

3月23日からは後半戦突入という事になるわけだが、

現在の日本の順位は、ホーム開幕戦のUAE戦での負けが

ずっと足を引っ張っていることがわかる。

 

上位チームはとにかく負けない。

 

じゃあ下位はアンパイなのかというとそんなことはない。

 

 

現実にタイはオーストラリアと引き分けているため、

オーストラリアは1位をとれていない。

 

UAEだって順位こそ4位だが、

1位のサウジと3位の日本に勝っている。

 

 

今後の試合は5試合。

サウジは A(アウェイ)、H(ホーム)、A、A、H と続き、

日本は  A、H、A、H、A

オーストラリア A、H、H、A、H

UAE  H、A、A、H、A

イラク  H、A、H、A、H

タイ   H、A、H、H、A  という順で戦っていく。

 

 

オーストラリア、イラク、タイはホーム戦が3回

サウジ、日本、UAEはアウェイ戦が3回。

 

3位のオーストラリアはホーム戦が多いので

とても有利な状況。

 

前半負けが込んだイラクだって

台風の目になる可能性もまだある。

 

 

その点、サウジ、日本、UAEはアウェイが多い分

苦しい戦いが続くことになる。

 

日本のアウェイ戦は、UAE、イラク、サウジ

 

サウジのアウェイ戦は タイ、オーストラリア、UAE

オーストラリアのアウェイ戦は イラク、日本

UAEのアウェイ戦は オーストラリア、タイ、イラク

 

 

日本の対戦相手は全て強豪チームであるうえ、

すべて中東の暑い環境での戦いだし、

 

最下位のタイとアウェイで戦う

サウジとUAEは一歩有利な状況とも言えるだろう。

 

 

このような厳しい状況だからこそ、

後半戦最初の日本 vs UAEは

なんとしても倒しておくべき相手だという事になる。

 

 

また、

アウェイとはいえ、同じチームに2度も負けるとなると

今後のUAEとの対戦にも悪影響が出ることが考えられるしね。

 

 

おわかりいただけただろうか?

 

ちなみに現在の各国のFIFAランキングは

 

サウジ 57位

日本  51位

オーストラリア  55位

UAE  68位

イラク 122位

タイ  127位

 

ほとんど現在の順位とFIFAランキングは

連動していると言える。

 

最新のFIFAランキングは

FIFAランキングネットというサイトで

いつでも見ることができる。

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ