久保建英がレアルマドリードの北米ツアーに帯同する意味とは

 

日本代表MF久保建英が、
スペイン1部の名門レアル・マドリードへ完全移籍を決めた。

 

そして、7月のプレシーズン北米ツアーに
トップチームに同行して参加するという情報が入ってきた。

いきなりのトップチーム帯同だが、ただ一緒に行くのとは実は訳が違う。

 

今回の北米ツアーはジダン監督以下、トップチームの選手26人と下部組織から4人の計30人。

カナダ・モントリオールでの合宿を含めたツアーになる。

 

 

久保建英は今季、スペイン3部リーグ相当のBチーム、カスティージャでプレーすることわけだが、帯同する下部組織の4人のうちの1人に入ったということ。

 

モントリオールでの合宿では、スペイン代表DFセルヒオラモス、クロアチア代表で18年バロンドールのMFモドリッチ、新加入のベルギー代表FWアザール…。そうそうたるメンバーと練習ができる。

 

そして合宿後には、米国で親善試合が3戦行われる。

 

親善試合とはいえ、相手はバイエルン・ミュンヘン、アーセナル、アトレチコ・マドリードと、いずれも世界トップクラスのクラブだ。

 

ここでベンチを温めるのじゃなく、ゲームに出て実力を見せるチャンスをもらえるかっていうのが大事。

 

 

 

 

昨年は新加入のブラジル代表FWヴィニシウスがこのツアーでデビューを果たし、シーズン開幕こそカスティージャでデビューだったが、その後たったの5試合でトップ昇格を果たした。

 

今回のメンバーは当然監督のジダンが決めたわけで、現段階で久保のプレーが目に留まっていることは確か。

この北米ツアーの出来次第では、久保建英にも早期のトップ昇格だって夢じゃないってことだ。

 

レアルのBチーム カスティージャ

 

レアルのBチームカスティージャは今年からレアルのレジェンド、ラウール・ゴンザレスが監督になった。

元スペイン代表FWラウールはまさにカスティージャからの生粋の昇格組で、16年間レアルで活躍した。チームの最多得点記録保持者でもある。

 

彼は一流のFWでありながら厳しい守備でも鳴らした選手だ。

当然、久保建英にも攻撃だけでなく献身的な守備を求めてくるはず。

 

カスティージャのメンバーは25名。

この中からトップ昇格できるのは平均4~5人。1人という事もある。

 

 

ましてやトップチームは海外有名選手を高額移籍金でどんどん引っ張ってくる。

クリスティアーノ・ロナウド、ルカ・モドリッチ、ガレス・ベイル。。。

枚挙にいとまがないほどだ。

 

こんな中に切り込んでいかなければならないわけだから、久保建英の進む道は決して安泰じゃない。

 

久保建英と同じ年でレアルでは1年先輩のブラジル代表FWヴィニシウスも久保建英のプレーをビデオで見て絶賛していたらしいから、ぜひとも北米ツアーでアピールして1日も早いトップチーム昇格を果たしてほしい。

 

期待は膨らむなー。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ