乾 スペイン国王と首相に同席 サッカー以外でも活躍

 

リーガ・エスパニョーラで活躍するMF乾貴士(エイバル)が

スペイン国王の来日に伴って帰国し、

安倍晋三首相主催の夕食会に出席するというニュースが

飛び込んできた。
スペインのフェリペ6世国王&レティシア王妃夫妻が

4月4日から7日に国賓として来日し、

乾は6日に東京都内で行われる首相主催の夕食会に出席する。

 

なぜ乾がスペイン国王に同席することになったのか?

 

 

 

乾が所属するエイバルに対し、

日本政府からスペインの日本大使館を通じて招待状が届いたとのことで、

クラブ側は乾離脱のメリットとデメリットを考慮したうえで、

国際化戦略における効果を期待して許可を出したという。

 

 

最初、乾本人は試合を優先したいのでと断ったらしいが、

クラブ側がチームの宣伝のために説得したらしい。

 

エイバル1部残留が決まっているチーム事情も

この帰国を後押しした。

 

 

乾は4月1日に行われる

リーガ・エスパニョーラ第29節ビジャレアル戦後にチームを離脱し、

6日の夕食会に出席し、翌7日にはスペインへ戻る予定。

 

 

[写真]=ゲキサカ

 

乾は今シーズン、

リーガ・エスパニョーラ第28試合中20試合に出場し、

主力として活躍している。

この来日により6日のラス・パルマス戦と

9日には第31節のセルタ戦を欠場する予定。

 

エイバルはヨーロッパリーグ(EL)圏内の6位と

勝ち点7差で8位につけている。

 

 

乾貴士というサッカー選手

 

乾貴士は滋賀県出身。

169cm 63kg とサッカー選手としては小柄で軽量だ。

 

高校サッカーでは有名な野洲高校出身。

乾在籍当時は「セクシーフットボール」という名前で

高校サッカー界を席巻し、

2005年全国高校サッカー選手権大会で優勝経験がある。

当時のチームメイトには

シドニー・ウェスタン・ワンダラーズの楠神

元ジェフ千葉の青木

コンサドーレ札幌の田中などがいた。

 

2007年 横浜マリノス入団

2008年 セレッソ大阪へ移籍

 

香川真司と活躍したのがこの頃。

 

2009年 A代表デビュー

2011年 ボーフム(ドイツ)へ移籍

2012年 フランクフルト(ドイツ)へ移籍

2015年 エイバル(スペイン)へ移籍

 

リーガ・エスパニョーラで1番の貧乏クラブにとって

この時の移籍金はエイバル史上最高額だった。

 

国際Aマッチでは19試合出場して2得点を挙げている。

 

 

スペインでプレーしたサッカー選手

 

過去、スペインに渡ったサッカー選手はたくさんいるが、

十分に活躍できたといえる選手はいない。

 

城彰二(バジャドリード) 15試合 2得点

西澤明訓(エスパニョール) 6試合 無得点

大久保嘉人(マジョルカ) 39試合 5得点

中村俊輔(エスパニョール)  13試合 無得点

家長昭博(マジョルカ) 25試合 2得点

ハーフナー・マイク(コルドバ) 5試合 無得点

 

大久保を除く

ほとんどの選手がロクな活躍もできないまま

チームを去っている。

 

その中で乾は比較的早くスペインに適応し、

2年目も主力で活躍できている。

 

乾のエイバルでの成績は 41試合 3得点。

 

ただ今季は無得点なのでぜひとも得点してほしい。

 

 

※ 追記

帰国前の4月1日、リーガ・エスパニョーラ第29節

ビジャレアル戦で待望の1得点をあげ、

みごと3-2で勝利した。

 

また、イエローカード累積で

いずれにせよ次戦は出場できないから

心おきなく日本に帰れることになった。

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ