勝ってもよろこべない タイ戦4-0勝利

 

 

28日

ロシアワールドカップ、アジア最終予選

日本はホームにタイを迎えての一戦。

 

この戦いの後は強豪チームと

3試合を戦わなければならないのに加え、

うちサウジアラビアとイラクの2試合はアウェイ戦、

オーストラリア戦はホームとはいえ、過去予選で勝利なし

となれば、是が非でも勝たなければならない。

 

 

しかも1位サウジアラビアとの得失点差を考えれば

大量得点での勝利が望まれる一戦だった。

 

 

 

結果だけを見ると、

4-0と大量得点での勝利だったので

あとに控えるサウジアラビア対イラクの結果待ちとはいえ

暫定1位になった。

 

サウジアラビアが2点差以上で勝たない限り、

日本は1位をキープする事になる。

 

 

だが。

 

 

内容を見る限りは薄氷を踏むような

危なっかしい勝利だったと言える。

ここまで未勝利で明らかに格下のタイに

押し込まれるシーンが続出。

 

 

何度も最終ラインを突破されて

ゴール前に迫るタイはかなり強くなっていた。

 

あと数年もしないうちに

タイが日本を破ってしまう日がくるのではないかと

思うほど。

 

 

しまいにはゴール前の混戦で

長友佑都が相手を倒してしまい、PKを献上する始末だ。

 

 

GK川島永嗣が神がかり的セーブで止めたからよかったものの、

2、3点取られてもおかしくない展開だった。

 

 

ボランチに酒井高徳を使ったのはいいが、

やはり日本代表メンバーとの関係は

スムーズにいかなかったようだ。

 

 

また、他の選手にしても

タイのプレッシャーが強かったためか

パスカットされる場面が多く、

 

 

本来日本がやりたかった

カウンター攻撃をいいようにやられまくっていた。

 

 

タイにいいようにやられたシーンなどは

これがワールドカップ本番だったら

確実に失点してしまったはず。

 

 

こんなことを続けている限りは

いくら最終予選を勝ち抜いても

本戦では1勝もできないのではないか。

 

 

これからやってくる

 

6月のイラク戦

8月のオーストラリア戦

9月のサウジアラビア戦

 

かなり苦戦する事が予想されるね。

 

 

あー、先が思いやられる。

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ