堂安律ついにPSV移籍発表!

 

 

PSVは27日、フローニンゲンMF堂安律の獲得をクラブ公式サイトで発表した。
今週中にメディカルチェックを行い、移籍を完了させるという。

 

 

堂安律は先日こんなコメントを発表していた。

 

ステップアップをしたいと思っています。移籍するなら確かにPSVで、彼らは長い間、僕の動向を追っています。最初のコンタクトは6年前でした。両クラブが解決してくれることを願っています

 

そして今回、フローニンゲンクラブ史上最も大きな取引として、堂安律の希望がかなったわけだ。

 

 

 

PSVアイントフォーヘン

 

PSVアイントフォーヘンはリーグ優勝24回、国内カップ戦優勝9回、チャンピオンズリーグ(旧・UEFAチャンピオンズカップ)優勝1回を誇るオランダ屈指の名門。

 

 

 

 

これまで、ルート・ファン・ニステルローイ、アリエン・ロッベン、ジョルジニオ・ワイナルドゥムといったオランダ代表をはじめ、数多くの選手を国外のビッグクラブへと輩出してきた。

 

 

アジア人としては元韓国代表のパク・チソンが京都パープルサンガから加入。2004-05シーズンのチャンピオンズリーグでベスト4進出に貢献すると、2005年にマンチェスター・Uへの移籍を果たしている。

堂安律にも同様のチャンスが巡ってくるかもしれない。

 

 

PSVは昨シーズンのリーグ戦はアヤックスに次ぐ2位。

 

アイントフォーヘン

 

PSVのあるアイントフォーヘンはオランダの北ブラバント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)で、ドメル川沿いにある南部を代表する工業都市である。オランダ第5位の人口を擁する都市で、周辺の自治体を含むアイントホーフェン都市圏の人口は70万人に達する。 (wikipedia)

 

 

 

 

 

堂安律

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ