大迫勇也と今野泰幸 病院で検査

 

ロシアワールドカップアジア最終予選。

 

23日のUAE戦は

2-0で日本代表の勝利に終わった。

 

この試合で活躍した選手のうち、

大迫勇也はUAE選手に倒されて交錯した際に

左ひざを痛めてしまった。

 

 

 

 

倒れた瞬間はまったく動けずに

トレーナーも思わずバツ印を出して負傷交代。(動画3:27付近参照)

 

あの瞬間はさすがに冷や汗をかいた。

 

 

大迫はここのところ絶好調であり、

相手DFを背負いながらポストプレーもできる選手ということで

ハリルジャパンの戦い方にあたらしい一面を見せてくれる

貴重な選手だからだ。

 

 

ここで大怪我でもされたら

彼自身も大変だが、日本代表のワールドカップ出場のための

貴重なカードが失われることにもなりかねない。

 

 

だが一夜明け、思いのほか状況はよいようで、

少しのシビレを感じる程度ということであった。

それでも大事をとって帰国後、病院で検査に。

 

 

また、攻守に大活躍の今野泰幸

 

ガンバ大阪での好調をそのまま持ち込んだだけでなく、

彼の豊富な経験がチームに安心感をもたらせたのだが、

小指を痛めたという事で同じく検査。

 

 

2人とも念のための検査という事で

異常がなければ25日から練習復帰の予定だそう。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ