日本vsニュージーランド キリンチャレンジカップ

 

ロシアワールドカップ出場を決めたサッカー日本代表。

 

予選終了後の最初のテストマッチが

10月6日に開催されニュージーランドと対戦した。

 

ニュージーランド代表は

最新のFIFAランキングで113位。

前回発表時より10位順位を上げている。

 

結果は2-1の勝利。

 

日本は守りを固めるニュージーランドに苦戦し

後半5分にFW大迫がPKを決めてやっとこさ先取点。

 

ニュージーランドは随分とノーハンドをアピールしたが

かわいそうだけどあれはやっぱりハンド。

 

 

 

 

ところが同14分にニュージーランドの豪快なヘッドで

同点にされてしまった。

 

吉田麻也は完全に頭一つ負けてたね。

 

 

42分にMF倉田秋が代表初ゴールを決めて

なんとか勝利をものにした。

 

左サイドからの右に大きく振った球を

酒井宏樹が折り返しての倉田のダイビングヘッド。

 

あんな風に左右に振ることができると

どんな相手にでも点が取れるんじゃないかな。

 

 

ワールドカップまで残り約8カ月、

本選出場できるのは23名。

 

ここからはこの23名の枠を巡って

熾烈なメンバー争いが繰り広げられることになる。

 

今回の代表メンバーから本田圭佑(パチューカ/メキシコ)、

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)

の招集を見送っており、

その他の選手たちにとっては絶好のアピールの場になる。

 

今回は槙野のセンターバック起用が目を引いた。

 

ずっとベンチを温めていただけに

意気込みが伝わってくるプレーだったね。

 

このほか小林祐希と杉本健勇をやっと起用したのが

よかったな。

 

 

 

[写真]=毎日新聞web

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
人気の投稿とページ
メタ情報

ページの先頭へ