東京オリンピックサッカー日本代表は誰に?

 

東京五輪の男子サッカー代表監督には、

現ハリルジャパンコーチでもあり

昨年のリオオリンピック監督も務めた手倉森誠氏が最有力だ。

 

ここに来てニューフェースが浮上した。

前広島監督の森保一氏だ。

 

日本サッカー協会の西野朗技術委員長が接触したらしい。

 

 

 

 

森保氏は2011年末にサンフレッチェ広島が

経営状況の悪化からペトロヴィッチとの契約延長を断念し、

2012年からクラブ史上初の生え抜き監督となった。

 

そしてその年に、日本人元Jリーガーの監督としては初、

日本人新人1年目監督としては松木安太郎以来2人目となる

J1年間優勝をはたした。

 

[写真]=Web Sportiva

 

さらに翌2013には松木(ヴェルディ川崎)、岡田武史(横浜FM)、

オズワルド・オリヴェイラ(鹿島アントラーズ)以来4人目の

J1連覇監督になった。

 

さらに2015年にも年間優勝。

4年間で3度のリーグ優勝を果たした。

 

 

 

森保氏は現役時代、

守備的ミッドフィルダーとして中盤の底で守備を最優先し、

相手ボールを奪い攻撃の芽を摘んだり、

攻撃を遅らせることにが得意なプレースタイルで

日本サッカーに「ボランチ」という言葉が定着する

きっかけとなった選手だ。

 

 

オリンピック代表監督としては

まさにうってつけと思える人材だ。

 

 

とはいえ、日本的なビジネス感覚からすると

手倉森氏が辞退しない限りは森保氏の線はないとおもうが。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
人気の投稿とページ
メタ情報

ページの先頭へ