香川真司は再び輝くか。トゥヘル監督解任の噂

 

 

 

香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、

ブンデスリーガでの指導経験を持つスイス人指揮官

ニースを率いるルシアン・ファブレ監督の招へいが

現実味を帯びてきている。

 

(フェブレ監督という表記をするケースもあるが、ここではファブレ監督)

 

 

 

2年前にユルゲン・クロップ監督(リヴァプール)が

ドルトムントの監督退任が決定した際に、

ファブレ監督は次期候補として名前が挙がっていたこともある。

 

 

ファブレ監督は、過去にヘルタ・ベルリンや

ボルシア・メーヘングランドバッハで指揮を執った

経験もあり、ドイツサッカーには詳しい。

 

 

[写真]=GettyImages

 

ファブレ監督が今シーズンから率いるニースは

元イタリア代表のFWマリオ・バロテッリを擁し

現在リーグアンで3位。

 

 

 

トゥヘル監督は

ドルトムントCEOのハンス=ヨアヒム・ヴァツケと

折り合いが悪く、関係修復が不可能であるため、

解任の可能性が高い。

 

 

トゥヘル監督下では昨季チームは2位。

今季はUEFAチャンピオンズリーグ8強進出に加え、

リーグ戦は現在3位、DFBポカールも決勝進出を決めている。

 

[写真]=wikipedia

 

 

実績はあるにもかかわらず、

組織と上手くいかないがために解任とは

世の中は理不尽なものだ。

 

 

 

ドルトムント上層部は

経験、パーソナリティー、ノウハウ、リーダーシップの

すべてを持ち備えるファブレ監督を

”指揮官の理想像に近い”と高く評価しているらしい。

 

 

レヴァークーゼンもファブレ監督獲得に動いていたが

最近招へいを断念したとの情報もある。

 

 

 

また、ファブレ監督が現在率いるニースには

岡崎慎二が所属し昨年奇跡の優勝を遂げた際に

レスター・シティの監督を努めていたラニエリ氏が

監督後任に興味を示しているとも。

 

 

[写真]=wikipedia

 

 

 

とはいえ、ファブレ監督には

先月のチャンピオンズリーグ準々決勝で

ドルトムント対戦したモナコ後任監督の噂もある。

 

 

 

トゥヘル監督が解任されファブレ監督就任となれば

 

ビッグマッチで先発起用が少ない香川真司の

契約延長問題にも大きな影響を与えそうだ。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
メタ情報

ページの先頭へ