C.ロナウドの顔がひどい事に・・・・

 

 

ポルトガル代表FW

クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の

故郷はマデイラ島という島だ。

 

 

マデイラ島はポルトガル本土よりも

むしろ海を渡った対岸のモロッコに近い

小さな島だ。

 

この小さな島にある小さな空港が

いま、世界で注目されている。

 

 

マデイラ島にあるマデイラ空港が2017年3月29日、

マデイラ・クリスティアーノ・ロナウド空港

という名前に変わってオープンしたからだ。

 

 

 

 

この空港の場所を確認してみよう。

 

 

[図]=Google Map

 

 

[図]=Google Map

 

[図]=Google Map

 

 

マデイラ・クリスティアーノ・ロナウド空港は、

C・ロナウドのこれまでの功績や

マデイラ島への貢献を称えて名前が変わった。

 

[写真]=http://metro.co.uk

 

 

 

名称変更にあたって、同選手は記念式典に出席。

「僕はとても幸せだし、光栄に思うよ」と喜びを表した。

 

 

 

空港に彼の名がつくことについて批判はあるが、

議会で決まった事なので周りがどうこういう問題でもない。

 

 

 

そんなことよりも話題になっているのが、

マデイラ・クリスティアーノ・ロナウド空港に

設置されたC.ロナウドの銅像だ。

 

 

これがまったく似てない。(笑)

 

 

[写真]=Getty Images

 

 

本人も製作者に気を遣って文句言えないんじゃないか

というほどの出来栄え。

 

 

あなたはどう感じるだろうか?

 

 

 

それでも地元の名所に自分の名前が冠されるなんて

普通は政治家か、戦時中の将軍ぐらいなもんだろう。

 

 

まあ、C.ロナウドも地元では英雄だというから

同じようなものか。

 

 

いずれにしてもすごいことだ。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ