ACミランついに中国企業に売却

 

 

経営難でかねてより噂されていた

日本代表MF本田圭祐が所属するACミラン

 

正式にロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルグ

に売却されることに決まった。

 

ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルグは

中国人リー・ヨンホン氏がオーナー。

 

 

 

ながらく元イタリア首相のベルルスコーニ氏が所有していたが、

30年たって新しいオーナーに譲渡されることになった。

 

 

ACミランはイタリア・セリエAで8回

欧州チャンピオンズリーグ5回優勝の名門チーム。

 

 

ユヴェントス、ASローマと並ぶイタリアを代表するプロサッカークラブであり、世界屈指のビッグクラブの一つである。

クラブカラーからロッソ・ネロ(Rosso Nero, イタリア語で「赤と黒」、複数形でロッソ・ネリ Rosso Neri)またはディアボロ(diabolo, イタリア語で「悪魔」)の愛称で呼ばれる。

サポーターはミラニスタ(Milanista)といわれる。

(wikipedia より)

 

 

 

本田圭祐がエースナンバー10を背負ったことで

サッカーを知らない人も聞いたことぐらいはあるというほど

日本でも有名になった。

 

 

かつてはキングカズこと三浦知良がセリエA・ジェノア移籍後のデビュー戦で

当時最高のDFの1人であったACミランフランコ・バレージ

ヘディングで競り合って頬骨を骨折したこともある。

 

 

ベルルスコーニも

ACミランを心から愛するサポーターの一人だが、

やはり巨大化するサッカービジネスの中で

1つのファミリーが名門チームを所有し続けることは

限界だったようだ。

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ