とりあえず快勝のタジキスタン戦 アジア2次予選

 

 

 

とりあえずは快勝だった。

ワールドカップアジア2次予選のタジキスタン戦は、FW南野拓実の2ゴールもあって

 

日本 3-0 タジキスタン

 

アウェイ勝利をもぎとった。

 

タジキスタンは他のアジアの国と同じくベタ引きして守ってくるものだと思っていたが、実際は日本代表をまったく恐れることなく真っ向勝負を挑んできた。

 

 

 

RWC(ラグビーワールドカップ)で日本代表(ブレイブブロッサムズ)がアイルランドやスコットランドに一歩も引くことなく勝利を手中にしたほどの勢いで、

積極的なパスカットや素早いカウンター攻撃を仕掛けてきた。

 

 

結局3-0の点差が付いたわけだけど、タジキスタンが先制点でも取れば全く流れが変わった可能性もある。

 

 

それにしても南野拓実の2ゴールは圧巻だったし、2点目はセンタリングもシュートも芸術的連携を見せたね。

日本代表の連携が光った試合だった。

 

 

とはいえ、相手はアジアでは格下のチームだから、このぐらいはやってもらわないと困る。

浅野琢磨のヘディングシュートにしたってアジア最終予選の強豪チーム相手でも再現できるようにしてほしいものだ。

 

 

個人的に最も期待していたのは久保建英の初ゴールだったんだが、なんと森保一監督は久保建英を10月の2試合でたったの5分程度しか使わなかった。

思わず「おいおい!」と突っ込みたくなったね。

 

 

最終予選になるとテストで出場させる余裕はなくなってくるだろう。

久保建英を本当にワールドカップにメンバーとして連れていくつもりがあるなら実力差のあるアジア2次予選のうちに積極的につかう必要があると思う。

 

 

11月の次戦では必ず使ってほしいね。

 

 

早く使わないとマジョルカが久保建英を派遣しないと言い出しかねないよね。

 

 

10/10 埼玉、10/15タジキスタン メンバー 発表記者会見 2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選SAMURAI BLUE(日本代表)

浅野拓磨

 

 

10月10日のvsモンゴル、

10月15日のvsタジキスタンに臨む日本代表メンバーが発表された。

 

■日本代表最新メンバー

 

▽GK

川島永嗣(ストラスブール)

権田修一(ポルティモネンセ)

シュミット・ダニエル(シントトロイデン)

 

▽DF

長友佑都(ガラタサライ)

吉田麻也(サウサンプトン)

酒井宏樹(マルセイユ)

植田直通(セルクル・ブルージュ)

安西幸輝(ポルティモネンセ)

畠中槙之輔(横浜FM)

冨安健洋(ボローニャ)

 

▽MF

原口元気(ハノーファー)

柴崎岳(デポルティボ)

遠藤航(シュツットガルト)

伊東純也(ゲンク)

橋本拳人(FC東京)

中島翔哉(ポルト)

南野拓実(ザルツブルク)

板倉滉(フローニンゲン)

堂安律(PSV)

久保建英(マジョルカ)

 

▽FW

永井謙佑(FC東京)

浅野拓磨(パルチザン)

鎌田大地(フランクフルト)

 

 

 

ポルティモネンセの安西幸輝、

 

安西幸輝

 

フランクフルトの鎌田大地あたりが注目か。

 

鎌田大地

 

パルチザンの浅野拓磨の代表復帰も注目されているね。

 

浅野拓磨

 

鎌田大地は身長が高いので、大迫勇也がケガで離脱しているのでポストプレーヤーとして招集されたか。

そういうプレーヤーとはちと違うような気もするが。

 

 

最終予選に備えて今のうちにいろいろなオプションを試しておきたいところだから、いろんな選手を呼んで使ってほしいね。

久保建英もマジョルカで苦しんでいるみたいだから、ここでいいところを見せて勢いをつけてほしいものだ。

 

 

今はラグビーワールドカップとか、世界陸上とか、世界バレーとかにみんなの興味が行っているから、ここでいい試合をしてしっかり日本のファンにアピールが必要だ。

 

 

 

大迫勇也 大けがで代表は大丈夫か

大迫勇也

 

 

日本代表FW大迫勇也が負傷の報が届いた。

大迫勇也が所属するドイツ・ブレーメンの公式サイトによる発表だ。

 

大迫勇也は太ももに「重度の負傷」を抱えているとのことだから、肉離れでもおこしたか。

19日には正確な診断結果が発表されるようだ。

 

大迫勇也は今シーズンのブンデスリーガで4試合出場3得点の絶好調。

このタイミングでのケガは痛い。

長期離脱となれば、ブンデスリーガでの絶好調にストップがかかるし、10月に控えるワールドカップアジア2次予選での出場も危うくなる。

 

 

アジア2次予選はそれほど強い相手とやるわけじゃないから必ずしも大迫勇也がいなくても勝つことはそれほど難しくないかもしれない。

誰が大迫勇也の代わりを務めることができるか。ポストプレーヤーとしての期待は身長のある鈴木武蔵が筆頭にくるかもしれない。考えようによっては鈴木武蔵のチャンス到来ともいえる。

 

あるいは堂安律、中島翔哉、南野拓実、久保建英を擁してのゼロトップを試すかもしれない。

 

 

いずれにしても、現状では唯一無二ともいえるポストプレーもできるオールラウンドプレーヤーの大迫勇也を欠くことは、日本代表にとっては痛手だ。

 

 

1 2 3 18
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ