久保建英がレアルマドリードの北米ツアーに帯同する意味とは

 

日本代表MF久保建英が、
スペイン1部の名門レアル・マドリードへ完全移籍を決めた。

 

そして、7月のプレシーズン北米ツアーに
トップチームに同行して参加するという情報が入ってきた。

いきなりのトップチーム帯同だが、ただ一緒に行くのとは実は訳が違う。

 

今回の北米ツアーはジダン監督以下、トップチームの選手26人と下部組織から4人の計30人。

カナダ・モントリオールでの合宿を含めたツアーになる。

 

 

久保建英は今季、スペイン3部リーグ相当のBチーム、カスティージャでプレーすることわけだが、帯同する下部組織の4人のうちの1人に入ったということ。

 

モントリオールでの合宿では、スペイン代表DFセルヒオラモス、クロアチア代表で18年バロンドールのMFモドリッチ、新加入のベルギー代表FWアザール…。そうそうたるメンバーと練習ができる。

 

そして合宿後には、米国で親善試合が3戦行われる。

 

親善試合とはいえ、相手はバイエルン・ミュンヘン、アーセナル、アトレチコ・マドリードと、いずれも世界トップクラスのクラブだ。

 

ここでベンチを温めるのじゃなく、ゲームに出て実力を見せるチャンスをもらえるかっていうのが大事。

 

 

 

>> 続きを読む

中島翔哉が半年でポルトガルへ復帰 移籍先はポルト

中島翔哉がカタールのアル・ドゥハイルから

ポルトガル1部のポルトへ移籍という情報が入ってきた。

 

およそ3500万ユーロ(当時約44億円)でカタールへ渡ったばかりの中島だが、半年でカタールからポルトガルに戻ることになる。

 

カタールのフットボールと気候に適応しきれないとか、カタール・スターズリーグのレベルと周囲のサポートに不満を持っているとか色々な話が聞こえてきた。

 

アル・ドゥハイルで年俸350万ユーロ(4億3000万円)を受け取っているが、報道によると、契約解除の違約金は8000万ユーロ(約97億円)
これはクラブ史上2番目の高額設定だそうだ。

 

ただ、今回について、アル・ドゥハイルとポルトは、中島翔哉を共同保有する契約を締結したとも。

保有権はアル・ドゥハイルが依然として50%を持ち、ポルトは1200万ユーロ(約15億円)を支払って、50%の権利を得るという形で決着がついたということのようだ。

なんとも不思議な契約だなあ。

 

ポルトの発表では中島との契約は2024年までの5年契約

中島の背番号は「8」に決定。

 

やっぱり中島にはポルトガルがよく似合うね!

アル・ドゥハイルの前はポルトガル・ポルティモネンセだったけど、今回はポルト。同じポルトガルのチームでも、以前所属していたポルティモンセとは違い、ポルトはクラブ世界一になったことのある名門だ。

 

ポルトは2018-19シーズンで惜しくも2位に終わったけれど強豪チームだ。そこへの移籍という事はかなり戦力として期待されていると言っていいのではないかな。

ポルトガルの「ビッグ3」の一角を担うポルトは昨シーズンが2位なので、2019-20シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)には予選3回戦から参加することが決まっている。

この予選とプレーオフを勝ち抜けば、中島翔哉にとって初のCL出場のチャンスが巡ってくる。

 

 

 

 

>> 続きを読む

韓国にも久保建英みたいな選手がいる。

 

FC東京からスペインのレアルマドリードに移籍した

久保建英

 

 

日本国内では「久保建英祭り」とも言えそうな

フィーバーぶりだが、

 

実はお隣の韓国にも久保建英と同じ年の

注目選手がいたのだ。

 

 

>> 続きを読む

1 2 3 7
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
メタ情報

ページの先頭へ