久保建英、レアルでクロースやベイルたちと勝利チーム記念撮影

 

 

レアルの練習試合での勝利チームで1枚。

ベイルなど大物選手に囲まれてニッコリの久保建英♪

 

 

セルヒオ・ラモスともマッチアップ。

なんてぜいたくな練習風景なんだ!

 

6歳下の弟、小6の瑛史(えいじ)くんも、レアルの下部組織でプレーするという情報まで。

チームが母親と弟をマドリードに定住させ、久保建英がサッカーに打ち込めるように配慮したからだそうな。
弟の瑛史くんは横浜Mの下部組織に所属、MFなどでプレーし、結構上手いらしい。

 

 

 

 

 

柴崎岳と真野恵里菜の結婚式写真がインスタで公開 馴れ初めは?

スペイン1部ヘタフェのMF柴崎岳(25)と、タレントで女優の真野恵里菜(27)の結婚式写真がインスタやツイッターでついに公開されたね♬

柴崎岳真野恵里菜馴れ初めはどうだったのかというと、関係者情報では、2人の出会いは知人の紹介。日本とスペインという遠距離恋愛を経て、ついに結婚の運びとなった。

柴崎岳真野恵里菜は昨2018年7月16日結婚。

奥さんになった真野恵里菜は9月、夫の柴崎岳の住むスペインに生活拠点を移した。

真野恵里菜は神奈川県生まれ。159センチ、B型。

2006年に「ハロプロエッグ」の第2期メンバーになる。

2008年ハロプロエッグを卒業し、2016年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や、映画「坂道のアポロン」「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」に出演するなど女優として活躍の場を広げている。

じゃあサッカーについてはどうなんだ?ということだが、実は真野恵里菜、ハロー!プロジェクトのフットサルチーム「Gatas Brilhantes H.P.」での活躍経験もあり、当然サッカーにも詳しい。

柴崎岳への理解もきっと深いに違いない。

柴崎岳は青森県生まれ。175センチ、64キロ。B型。

小学校2年生からサッカーを始め、青森山田中3年で全国中学大会準優勝。名門青森山田高では1年からレギュラーで2年生の時に全国高校選手権で準優勝。2011年鹿島アントラーズ入団。

2017にスペイン1部昇格を果たしたヘタフェCFへ完全移籍。

8月、開幕戦のアスレティック・ビルバオ戦でスタメンからスペイン1部デビューを果たし、9月16日第4節のFCバルセロナ戦で初ゴールを決めた。

これは、リーグ戦とCLで無失点を続けていたバルセロナのGKテア・シュテーゲンの無失点記録を破るゴールでもあったのでとてもセンセーショナルなゴールだった。

柴崎岳は鹿島時代にクラブW杯でレアル・マドリードからも得点を決めていて、レアルとバルセロナの両クラブから得点を奪った日本人は柴崎岳だけ。

2018年6月のロシアワールドカップではグループステージ3試合、決勝トーナメント1試合に出場、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で、原口元気の先制点をアシストしたのは記憶に新しい。

今年のコパ・アメリカではグループリーグ敗退はしたものの、東京五輪世代中心で構成された日本代表に選出されキャプテンを務めた。

若手中心のメンバーの中、安定したパフォーマンスで司令塔として多くのチャンスを作った。

結婚式も上げて家庭も充実。

いよいよサッカーに打ち込める環境が整ってきた。

ヨーロッパでも日本代表でも中心選手となって活躍してほしい。

中島翔哉が半年でポルトガルへ復帰 移籍先はポルト

中島翔哉がカタールのアル・ドゥハイルから

ポルトガル1部のポルトへ移籍という情報が入ってきた。

 

およそ3500万ユーロ(当時約44億円)でカタールへ渡ったばかりの中島だが、半年でカタールからポルトガルに戻ることになる。

 

カタールのフットボールと気候に適応しきれないとか、カタール・スターズリーグのレベルと周囲のサポートに不満を持っているとか色々な話が聞こえてきた。

 

アル・ドゥハイルで年俸350万ユーロ(4億3000万円)を受け取っているが、報道によると、契約解除の違約金は8000万ユーロ(約97億円)
これはクラブ史上2番目の高額設定だそうだ。

 

ただ、今回について、アル・ドゥハイルとポルトは、中島翔哉を共同保有する契約を締結したとも。

保有権はアル・ドゥハイルが依然として50%を持ち、ポルトは1200万ユーロ(約15億円)を支払って、50%の権利を得るという形で決着がついたということのようだ。

なんとも不思議な契約だなあ。

 

ポルトの発表では中島との契約は2024年までの5年契約

中島の背番号は「8」に決定。

 

やっぱり中島にはポルトガルがよく似合うね!

アル・ドゥハイルの前はポルトガル・ポルティモネンセだったけど、今回はポルト。同じポルトガルのチームでも、以前所属していたポルティモンセとは違い、ポルトはクラブ世界一になったことのある名門だ。

 

ポルトは2018-19シーズンで惜しくも2位に終わったけれど強豪チームだ。そこへの移籍という事はかなり戦力として期待されていると言っていいのではないかな。

ポルトガルの「ビッグ3」の一角を担うポルトは昨シーズンが2位なので、2019-20シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)には予選3回戦から参加することが決まっている。

この予選とプレーオフを勝ち抜けば、中島翔哉にとって初のCL出場のチャンスが巡ってくる。

 

 

 

 

>> 続きを読む

1 2 3 11
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
メタ情報

ページの先頭へ