【動画】ついに移籍か 南野拓実がリバプールから高評価

 

日本代表でも活躍中の南野拓実

 

所属チームのオーストリア、ザルツブルグでは何年も好プレーを続けているだけに、はやくビッグチームに移籍して次のステップに進んでほしいと常々思ってきた。

 

その南野拓実についに移籍話が出てきた。

しかも相手はイングランドプレミアリーグの強豪リバプールだ。

 

 

きっかけは12月2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ザルツブルグ対リバプール。

 

試合の結果はザルツブルクはリバプール相手に3-4で敗れたわけだが、このゲームで南野拓実は1ゴール1アシストの活躍を見せ、リバプールに強烈な印象を残した。

 

 

リヴァプールに前半で3点を奪われたが、ファン・ヒチャンが1点を返して後半へ。すると56分にファン・ヒチャンのクロスから南野が右足ボレーで叩き込む。その後、さらに南野のアシストから同点に追いた。

 

最後的にはモハメド・サラーの4点目で勝負ありだったけど、この1ゴール1アシストによってリバプールの選手たちから監督に対し、南野拓実獲得の進言があったらしい。

 

 

直接対峙したリバプール選手には南野拓実のポテンシャルがよほど焼き付いたんだろう。

 

イギリスメディアもこの情報をつかみ、「南野拓実ってどんな選手だ?」って、にわかに騒ぎ出しているらしい。

 

南野拓実 ザルツブルグ

 

これまで南野拓実の年俸はそれほど高くなかった。

2012年 360万円(セレッソ大阪)

2013年 360万円

2014年 1000万円

2015年 2500万円(ザルツブルグ)

2016年 3000万円

2017年 5000万円

 

2015年(当時19歳)のザルツブルグへの移籍金は1億7000万円程度だったらしいが、今回の移籍金額10憶円とも言われている。

はたしてこのビッグな移籍は実現するだろうか?

 

 

ザルツブルクの公式ツイッターでは、フロイントSDが「現在リバプールと話し合いを重ねていることを認めざるを得ません。 あのようなクラブが我々の選手に興味を示してくれることは名誉なことです」と交渉している事実を明かしている。

 

 

 

 


 

【動画】久保建英のプレーに世界が驚愕

マジョルカ 久保建英

 

 

12月7日のマジョルカvsバルセロナ。

 

久保建英はアウェイのバルセロナ戦にフル出場、2-5で敗れはしたものの2ゴールの起点になりアピールした。

 

なかでも世界を驚かせたのが、世界のメッシを相手にしたシーン。

バロンドール6度受賞の世界的ドリブラー、メッシに対し一歩も引かぬだけでなく、なんと又抜きを披露。

これには海外メディアも黙ってはいなかった。

 

 

 

かつてメッシの華麗なプレーになめられたプレーヤーはたくさんいたが、メッシをなめるプレーを見せた選手はなかなかいない。

しかも日本から来た18歳の少年だからその驚きは半端じゃない。

 

 

 

もちろん久保建英はただの日本人サッカー選手じゃないのは誰もが知るところ。小学生のうちからバルセロナの下部組織でトレーニングを積み、海外生活も長いので、いわゆる日本人のイメージで考えることはできない。

少年とはいえ海外の厳しい世界で生きてきたので、トレーニングの内容や経験はもちろん考え方やメンタリティも日本人離れしている。

18歳とは思えない大人びた態度には何度も驚かされた。

 

マジョルカ 久保建英

[写真]=PIKO
nikkansports

まだまだ久保建英には驚かされそうだ。

日本代表ではイマイチ結果が出せていないが、少しでも早く周りのプレーに馴染んで東京オリンピックでは今回のようなビッグプレーを見せて勝利に貢献してほしいね。

 

余談だが、いまの若いスポーツ選手はテニスの錦織圭しかりバスケットボールの八村塁しかり、海外の先進のトレーニングを受けている。

選手ばかりじゃなく指導者も積極的にどんどん世界に出ていって、日本に最新のトレーニングノウハウを持ち帰ってもらい、日本の協議レベルをどんどん上げていってほしい。

 

 

【動画】久保建英の初ゴールに世界も驚嘆

久保建英の初ゴール

 

 

 

ここまで長かったと思うのはボクだけだろうか?

 

 

FC東京で絶好調の中、シーズン中にスペイン移籍を果たした久保建英

 

当然

スペイン移籍後初ゴールや日本代表初ゴールはすぐにでも飛び出すものと思っていたんだが、なかなかこの瞬間は訪れなかった。

 

アシストは記録するものの、やっぱり世界はゴールをずっと待っていた。

 

 

 

久保建英スペイン初ゴールが生まれたのは11月10日、

ホームのビジャレアル戦で2―1の後半8分。

 

 

パスを受けた瞬間に左に切り返し、豪快な左足ミドルでゴールネットを揺らした。

18歳5カ月6日でのゴールは欧州4大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア)における日本人最年少記録

 

地元各紙は電子版で大きく取り上げ、

 

「久保のゴラッソだ!FIFA(テレビゲーム)の試合ではない」 (マルカ紙)

「なんというミサイルだ!」 (アス紙)

「とんでもない豪快なシュート」 (ムンド・デポルティボ紙)

 

とそれぞれスーパーゴールを絶賛した。

 

FC東京で同僚だった林GKによると、久保建英のシュートは

 

「振りが速く、インパクトが強い。ステップを踏みにくいし、止めづらい」

 

「ファーにスピードが落ちないまま曲がるボールを蹴れるから、早めに動かないといけない。でも、少しでも動いてニアが空くと、ファーに蹴る体勢から近場を打ち抜かれる」

 

らしい。

 

この日は、ほかにも久保建英は全ゴールに絡む大活躍。

チームにもなじんで、いよいよ本領発揮の時期が来たかもしれない。

 

 

 

1 2 3 16
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ