【動画】日本 2-0 パラグアイ キリンチャレンジカップ

 

久々のサッカー日本A代表のゲームだというのに、地方局では中継がなかった。

これだから田舎は!! (怒)

 

ということで、細かい選手たちのプレーを見ることができなかったのが非常に残念だが、録画を見る限りまあまあいつもどおりだったのだろうと感じる。

 

結果は日本2-0パラグアイと勝利を得たが、時差ボケパラグアイだからとてもベストパフォーマンスとは言えなかった相手にこの点差では何もわからない。

ワールドカップアジア2次予選のスパーリングパートナーとしての一定の役割は果たしたといったところだろうか。

 

 

 

ニュースではみんなが「久保建英が」「久保建英は」なんて騒いでいるが、点を取ったのは大迫勇也南野拓実。彼らをちゃんと前面に出して評価すべきだろう。

 

SINSHEIM, GERMANY - AUGUST 24: Yuya Osako of Bremen in action with the ball during the Bundesliga match between TSG 1899 Hoffenheim and SV Werder Bremen at PreZero-Arena on August 24, 2019 in Sinsheim, Germany. (Photo by Thomas Niedermueller/Bongarts/Getty Images)

 

 

 

この他にも中島翔哉堂安律なども結構いい動きをしていたようだし、ニューカマーの橋本拳人の評価も概ねよかったようだ。

久保建英は確かにいいプレーをしていたみたいだが、録画を見る限りパラグアイ選手によく転がされてしまっていたのでA代表選手としてはこれからの成長を見守る段階なんじゃないだろうか。

 

 

周りはあまり騒ぎ立てないほうがいい。

ほっといてあげたほうが絶対によくなる。

 

 

それと中島翔哉のリフティングドリブル。

パラグアイ選手を相当怒らせたらしいけど、確かにあのプレーは遊んでると思われても仕方ない。

真剣さというか緊張感が足りないと見えるだろうね。

本人はその気がなかったらしいけど気を付けたほうがいい。

 

 

 

いよいよ次は本番。

チームは6日、カタールW杯アジア2次予選・ミャンマー戦(10日・ヤンゴン)に向け、出発する。

 

 

 

【動画】南野拓実 公式戦5戦4得点 ザルツブルグ対ザンクト・ポルテン

 

南野拓実がまたゴールだ。

 

[8.17 オーストリア・ブンデスリーガ第4節 ザンクト・ペルテン0-6ザルツブルク]

 

オーストリア・ブンデスリーガ第4節が17日に行われ、FW南野拓実とFW奥川雅也の所属するザルツブルクがザンクト・ペルテンのホームに乗り込み、6-0の完封勝利を収めた。先発出場した南野は後半22分までプレーして1ゴールを記録。前節、負傷交代した奥川はベンチ外だった。

スコアレスで試合が進む中、前半30分にFWファン・ヒチャンのアシストからFWアーリング・ハーランドがネットを揺らしてザルツブルクが先制に成功。さらに同38分にはMFドミニク・ショボスライのお膳立てからファン・ヒチャンが決め、リードを2点差に広げる。

2-0とザルツブルクがリードしたまま後半を迎えると、同5分にハーランドが自身2点目を沈め、同8分にはハーランドのラストパスから南野が決めてリードは4点差に。南野はリーグ戦3ゴール目、公式戦5試合4得点と結果を残し続けている。

攻撃の手を緩めないザルツブルクは同10分にDFアンドレアス・ウルマーが5点目を奪取すると、同12分にはザンクト・ペルテンMFダニエル・シュッツが退場して数的優位に立つ。その後も後半24分にFWセク・コイタが加点したザルツブルクが6-0で圧勝した。

 

powerd by ゲキサカ

 

 

南野拓実は2015年1月にザルツブルグ移籍したので

2019年8月で4年7か月が経過した。

 

2018年2月にザルツブルグと3年4億円契約を結んだと報じられている。

 

ドイツあたりに移籍してもよさそうなものだが、なかなか実現しないようだ。

 

 

 

 

 

カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ