エル・クラシコのゴールラインテクノロジー事案で物議…欧州5大唯一の未導入、採用の流れも開幕直前取りやめに

さて今回の注目記事は・・・

thumbnail image 21日に行われたレアル・マドリー対バルセロナのエル・クラシコで、ボールがゴールに入ったかどうかに関する際どい事象が発生して話題になっている。 1-1で迎えた前半28分、バルセロナが右からのCKを獲得するとFWラミネ・ヤマルが合わせたボールはゴールに向かう。これをGKアンドリー・ルニンがセーブしたが、バルセロナはすでにゴールに入っていたことをアピールした。主審はプレーの再開を止め、VARのチェック...

⇒ 続きを読む




FootBall-King

カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ