ジュビロ磐田の名波監督退任

J1磐田の名波浩監督がついに退任したね。

 

 

6月30日の川崎戦に敗戦後、

成績不振を理由に辞任した。

 

 

勝っても負けても退任を決めてたらしいけど、

チームフロントの意向もあったんじゃないかな。

 

 

 

名波といえば

ゴン中山雅史やブラジル代表キャプテンのドゥンガらと

ジュビロ磐田の黄金期を築いた名選手だ。

もちろん日本代表としても活躍した。

 

 

そんなミスタージュビロが

当時J2であえいでいた古巣の指揮官に就任したのは

2014年9月。

 

 

 

翌年2015年にはJ1昇格を決め、

2017年には6位に食い込んだ。

 

 

ところが、昨年2018年は16位と

降格の危機に。

幸いなんとか残留はしたものの、

今年も開幕から低迷し、6月30日、

ホームでの川崎戦に1―3で完敗したところで

名波監督自身が、試合後の会見で辞任を発表した。

 

 

 

名波のサッカーは好きだし、

あれだけの名選手で正確もいい、指導力もあるから

続けてほしかったんだけど残念だ。

 

現在3勝しかしてない最下位であれば

いくら名波でも責任を取らなければならない。

 

 

今年は十分な補強ができなかったらしいから、

そのあたりはフロントの責任もあるような気がする。

 

 

名波監督だけが責任を取らされるのは

ちょっと違うかもしれない。

 

 

どこのチームだって

成績の良かった翌年に信じられない不振に陥ることは

ありうる。

 

 

毎年、降格するのはボクにとっては意外なチームだ。

 

 

関連ニュース

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
メタ情報

ページの先頭へ