堂安律 PSVオファー難航 ステップアップが待ち遠しい

 

オランダ・フローニンゲンの堂安律。

 

最近は久保建英など10代の活躍で少し話題が薄れているが、堂安律だってまだ21歳、

日本代表でもすでに存在感を見せているこの選手を忘れてはいけない。

 

その堂安律にステップアップのチャンスが廻ってきている。

 

オランダの名門PSVアイントフォーヘンからのオファーだ。

 

PSVがフローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律を獲得する可能性があるようだ。オランダ紙『テレグラフ』が15日に伝えている。

PSVはメキシコ代表FWイルビング・ロサノのナポリ移籍が決定的になっており、同選手の後釜確保を目指している模様。今回の報道によると、補強リストのトップに名を連ねているのが堂安だという。

フローニンゲンは堂安を安価で放出することは考えておらず、CSKAモスクワとシャフタール(ウクライナ)から提示された移籍金800万ユーロ(約9億5000万円)のオファーを拒否した模様。同メディアは、堂安の獲得にはフローニンゲン史上最高額となる移籍金1000万ユーロ(約11億8000万円)が必要になると指摘している。

PSVはオランダ国内リーグで20回以上の優勝を果たしている強豪だ。昨シーズンはリーグ戦を2位でフィニッシュした。

 

powerd by SoccerKING

 

 

 

 

堂安律もPSVも移籍に肯定的なんだが、ところが移籍金額でフローニンゲンが首を縦に振らないらしい。

 

 PSVは、フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律の獲得に難航しているようだ。オランダメディア『ED』が20日に伝えている。

PSVはナポリ移籍が決定的になっているメキシコ代表FWイルビング・ロサノの後釜として、堂安に関心を示していると報じられていた。また、堂安自身もPSVへの移籍希望を明かしており、両者は“相思相愛”となっているようだ。

しかし、フローニンゲンは堂安を安価な移籍金で手放すつもりはないようだ。今回の報道によると、同クラブは移籍金1300万ユーロ(約15億3000万円)を要求しているという。PSVはその金額を高すぎると考えており、交渉は難航することが予想されている。

PSVは堂安の獲得に失敗した場合、代役としてブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトに所属する21歳のアルゼンチン人FWニコラス・ゴンサレスの獲得を検討しているようだ。

 

powerd by SoccerKING

 

3億5000万も要求額に差があれば、ほかの選手を検討するのも仕方ないところ。

 

フローニンゲンにとっても堂安律がそれだけ存在価値のある選手という事なんだろうが、これから日本代表のキープレーヤとなるはずの選手。

G大阪クラブ史上2番目となる16歳344日の若さでJ1リーグ公式戦デビューを果たした逸材だ。

 

世界では24歳ぐらいになれば、チームの中心選手でバリバリやってないとおかしい年齢。

 

堂安律が21歳だからと言って若手扱いしてはいけない。

はやいところ移籍を決めて一日も早いステップアップを遂げてほしいところだ。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ