鹿島アントラーズ安部がバルサに移籍か?

いいねいいね~。

 

 

先日は久保建英が名門レアルマドリード移籍の

ビッグニュースが飛び込んできたが、

 

今度は鹿島アントラーズの安部裕葵が

バルセロナ(バルサ)から獲得オファーが来ているらしい。

 

 

2016年に全国高校総体優秀選手

2018年にはJリーグベストヤングプレーヤー賞

 

クラブワールドカップ2018ではグアダラハラ戦で見事なゴールを決め、

世界から注目を集めた。

 

 

今年のコパ・アメリカでは3戦全出場で

世界で注目されてたってことだ。

 

 

東京都出身でありながら、高校は瀬戸内高校。

瀬戸内高に進学する前は、本田圭佑が経営に関わる

S.T.FOOTBALL CLUBに所属していた。

 

 

このクラブからプロ入りするのは安部が初めて。

 

華麗なテクニシャンというよりは

ガツガツ泥臭く突破していくプレースタイルだと

感じている。

 

こういうプレーヤーは嫌いじゃない。

 

 

 

若干20歳で鹿島アントラーズの10番を継いだが、

途中出場が多い印象だったのでもったいないなと思ってた。

 

 

移籍が実現すればバルサのBチームらしいけど

この年代の選手はなんといっても出場時間が多いことが

一番大切。

 

ぜひ海外の厳しい環境で頭角を現してほしい。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ