【動画】アシュリー・コール引退 アーセナル無敗優勝DFはどれだけすごかったのか?

 

“アーセナルの無敗優勝メンバー”アシュリー・コールが現役引退へ

20年間のキャリアに終止符…

 

元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)が現役引退を表明した。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

アーセナルでプロ生活をスタートさせたA・コールは、クリスタル・パレスへの期限付き移籍を経て、2003-04シーズンに無敗優勝に貢献。2006年8月にはチェルシーに移籍し、2011-12シーズンにチャンピオンズリーグ制覇を果たした。その後、ローマやLAギャラクシーでプレーし、昨季限りでダービー・カウンティを退団していた。

また、2001年3月にデビューを果たしたイングランド代表では、2002年日韓大会からワールドカップ3大会に出場。通算でイングランド史上6番目となる107試合に出場し、2014年5月にイングランド代表を引退した。

20年間のキャリアに終止符を打つことを決断したA・コールは「慎重に検討した結果、ブーツを脱ぐことを決めた。指導者が次の私のキャリアだ」と今後についても語っている。

 

powerd by ゲキサカ

 

 

アシュリー・コール引退を記念して

彼がどれだけすごい選手だったのか、動画で振り返ってみよう。

 

 

 

引退後は指導者になるというから楽しみだ。

優勝を知っている指導者は強いからね。

 

元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)が18日、現役引退を発表した。今後は指導者としての道に進む。

これまでアーセナルやチェルシーなどで活躍してきたA・コールは、今年1月からダービー・カウンティでプレーしていた。A・コールは、イギリス『スカイスポーツ』の番組内で、「難しい決断になるが、引退する時だ。次の章に進むことを見据える。それはきっと指導者への道だ」と話し、引退を正式に発表した。

「幼いころ、私はプロの選手として1試合でもプレーできるとは思っていなかった。振り返ってみると、ワールドカップに出場し、チャンピオンズリーグでは決勝でプレーした。幸運なことにプレミアリーグのタイトルも手にした。それは少年たちの夢でもある」

 

powerd by GOAL

 

 


 

【動画】18歳のスーパースターたち 久保建英は本当に世界でもスゴイのか

 

日本では毎日のようにレアルマドリードに移籍した久保建英が話題になっている。

確かにこれまで小学生でありながらバルセロナに移籍し、結果を出せるような選手は日本には存在しなかった。

 

最近はバルセロナに久保建英、レアルマドリードに中井卓大が入団したことで、日本人でもやれるということが証明された部分はある。

 

レアルマドリードのトップチームで日本人が活躍するかもしれないなんて、これまで誰も思ったことはないに違いない。

 

その意味では久保建英、中井卓大は傑出した選手だというのは間違いない。

 

しかーし。

 

世界レベルで見たときに本当にそうなのか。

18歳の久保建英は世界で誰もが驚くような選手なのか。

 

ということで、今では名選手となったスーパースターたちが18歳のころにどんなプレーヤーだったのかを見てみよう。

 

 

ここで出てきた4選手、メッシ、クリスティアーノロナウド、ムバッペ、ネイマールたちと久保建英を比較するのはちょっと酷かもしれない。

 

でもその昔、日本がワールドカップに出場するなんて誰も予想していない時期があった。

日本選手が海外で通用するようになるなんて誰も予想していない時期があった。

 

だからこそいずれは日本人の中からこれらスーパースターたちと肩を並べる選手が出てくることを期待してあえて久保建英と比較してみたい。

 

 

 

久保建英がレアルマドリードの北米ツアーに帯同する意味とは

 

日本代表MF久保建英が、
スペイン1部の名門レアル・マドリードへ完全移籍を決めた。

 

そして、7月のプレシーズン北米ツアーに
トップチームに同行して参加するという情報が入ってきた。

いきなりのトップチーム帯同だが、ただ一緒に行くのとは実は訳が違う。

 

今回の北米ツアーはジダン監督以下、トップチームの選手26人と下部組織から4人の計30人。

カナダ・モントリオールでの合宿を含めたツアーになる。

 

 

久保建英は今季、スペイン3部リーグ相当のBチーム、カスティージャでプレーすることわけだが、帯同する下部組織の4人のうちの1人に入ったということ。

 

モントリオールでの合宿では、スペイン代表DFセルヒオラモス、クロアチア代表で18年バロンドールのMFモドリッチ、新加入のベルギー代表FWアザール…。そうそうたるメンバーと練習ができる。

 

そして合宿後には、米国で親善試合が3戦行われる。

 

親善試合とはいえ、相手はバイエルン・ミュンヘン、アーセナル、アトレチコ・マドリードと、いずれも世界トップクラスのクラブだ。

 

ここでベンチを温めるのじゃなく、ゲームに出て実力を見せるチャンスをもらえるかっていうのが大事。

 

 

 

>> 続きを読む

1 2 3 7
カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ