【動画】香川真司の華麗な今季2点目

香川真司

 

 

香川真司が久しぶりに輝いている。

 

スペイン2部サラゴサに移籍した香川真司は5試合連続出場の80分、1-1と同点のシーンでスアレスからの折り返しをゴール前にきれいに駆け込んで華麗に合わせて決勝点をあげた。

 

 

ドカンと打つシュートじゃなく、香川真司らしい柔らかいタッチでステップを合わせただけのシュート。

これはキーパーもとれない。 (4分50秒あたりから)

 

 

ちなみに香川真司のゴールを演出したルイス・スアレスは、あのバルサのルイス・スアレスとは別人のスアレスだ。

ルイス・スアレス

[写真]=レアル・サラゴサ公式ページ 

 

レアル・サラゴサは1960年代に黄金期があったが、2012-13シーズンにリーガ1部で最下位となりそれ以来2部で低迷していたチーム。

 

サラゴサはこのゲームで3連勝を飾り、開幕5戦無敗(4勝1分け)で現在2位。

香川の加入はいい刺激になっているようだ。

 

 

サラゴサはどこ?

 

サラゴサの地図

 

 

1か月で退団 岡崎慎司の今後はどうなる?

 

 

やっと決まったと思った岡崎慎司のスペイン・マラガ入団

ところが1試合も出場する機会もなくたったの1か月で退団になってしまった。

 

スペインではサラリーキャップ制といって、チーム選手移籍金の減価償却費や選手年俸の総額に上限が決められている。

だから岡崎慎司をチームに迎え入れるためには、現在チームに所属する選手を何人か放出(移籍)させる必要があった。これが上手くいかなかったために、岡崎慎司たち新加入選手を登録できない状態になったわけだ。

 

33歳の岡崎慎司

果たして次の所属先は決まるんだろうか。

 

 

堂安律ついにPSV移籍発表!

 

 

PSVは27日、フローニンゲンMF堂安律の獲得をクラブ公式サイトで発表した。
今週中にメディカルチェックを行い、移籍を完了させるという。

 

 

堂安律は先日こんなコメントを発表していた。

 

ステップアップをしたいと思っています。移籍するなら確かにPSVで、彼らは長い間、僕の動向を追っています。最初のコンタクトは6年前でした。両クラブが解決してくれることを願っています

 

そして今回、フローニンゲンクラブ史上最も大きな取引として、堂安律の希望がかなったわけだ。

 

 

 

PSVアイントフォーヘン

 

PSVアイントフォーヘンはリーグ優勝24回、国内カップ戦優勝9回、チャンピオンズリーグ(旧・UEFAチャンピオンズカップ)優勝1回を誇るオランダ屈指の名門。

 

 

 

 

これまで、ルート・ファン・ニステルローイ、アリエン・ロッベン、ジョルジニオ・ワイナルドゥムといったオランダ代表をはじめ、数多くの選手を国外のビッグクラブへと輩出してきた。

 

 

アジア人としては元韓国代表のパク・チソンが京都パープルサンガから加入。2004-05シーズンのチャンピオンズリーグでベスト4進出に貢献すると、2005年にマンチェスター・Uへの移籍を果たしている。

堂安律にも同様のチャンスが巡ってくるかもしれない。

 

 

PSVは昨シーズンのリーグ戦はアヤックスに次ぐ2位。

 

アイントフォーヘン

 

PSVのあるアイントフォーヘンはオランダの北ブラバント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)で、ドメル川沿いにある南部を代表する工業都市である。オランダ第5位の人口を擁する都市で、周辺の自治体を含むアイントホーフェン都市圏の人口は70万人に達する。 (wikipedia)

 

 

 

 

 

堂安律

 

 

 

 

 

 

カテゴリー
人気の投稿とページ
最近の投稿
タグ
メタ情報

ページの先頭へ